メール添付でデータを転送する場合に知っておく必要のあるセキュリティとは?

メール添付でデータを送る場合のセキュリティとは?

メール添付のデータ転送で気を付けなければならないことは、セキュリティの問題でしょう。これはデータを送る場合も、またメール添付のデータを受け取った場合にも言えることですね。メール添付でデータを送る場合には、必ず暗号化してパスワードを付加するようにして、生のデータを送らないようにする必要があります。このようにしておくと、もし仮に途中でデータを盗まれても、暗号鍵が解けなければ盗んだ者はそれを開くことができないからです。

セキュリティという意識がなければ防げない場合も

逆にデータの添付されたメールを受け取った場合に、それが全く知らない相手から送られてきたメールであった場合には、絶対に添付ファイルを開いてはいけません。メールに添付させてウイルスを送りつける、というのがクラッカーの常套手段だからです。メールに添付されたファイルを開いてもいいのは、お互いに知っている同士の間でメールのやり取りを行っている場合だけ、というのが鉄則なのです。こうしたウイルス攻撃は技術的な防御策で防げるものではなく、セキュリティという意識を持つことでしか防ぐことができないのです。

セキュリティを確保したメール転送の原則とは?

お互いに知っている同士の間で、メールに添付してデータを送る場合には、転送に先立ってあらかじめパスワードや暗号化の方式を決めておきます。このようにして、メールのやり取りをする当事者同士だけがパスワードや暗号化の方式を知っている、というようにしておくことで、メール添付データのセキュリティを保つようにするわけですね。企業が業務上の重要データをメール添付でやり取りする場合には、ほとんどの場合、このようにしてセキュリティを保てるようにしているのです。また、継続してメール添付でデータ転送を行う場合は、定期的にパスワードを変更することで、セキュリティを高めるようになっています。

高画質な映像コンテンツや、大規模なアプリ等はどうしても大容量になってしまいがちです。そんな大容量ファイルを保存しておきたいのならば、ハードディスクを増設してみることをオススメします。

Comments are closed.