営業代行は使い方次第!メリットとデメリットを把握しておこう

営業代行とはどんな仕事なのか?

営業代行という仕事がありますが、この言葉だけでは正確に業務内容をイメージすることは難しいかもしれません。営業代行を一言で言い換えるとすれば、営業のアウトソーシングと考えるといいでしょう。自社で営業職員を社員として育成していくことは、会社の将来のためには有効な方法かもしれませんが、一人前になるには相当な時間を要します。そういった時に、いきなり営業のプロが代行してくれたらありがたいというケースもあるでしょう。

営業代行のデメリットとは何か?

営業代行は営業のプロを派遣してくれるビジネスですので頼りになることも多いですが、デメリットがないわけではありません。営業業務を代行して契約が取れたとして、その契約に関する必要な情報は報告をしてくれるはずですが、どのようにしてその契約を勝ち取る交渉をしたのかという営業ノウハウの部分までは報告してくれないでしょう。つまり、営業代行のデメリットは、営業ノウハウが依頼した会社に残らないという点にあると言えるでしょう。

営業代行のメリットとは何か?

営業のノウハウが社内に蓄積しないというデメリットがあるにもかかわらず営業代行を依頼するメリットとは何でしょう?最大のものは、時間の短縮や時期を逃さないという点ではないでしょうか。一から営業社員を育成しても一人前になる前に大きな商売を逃してしまったらどうしようもありませんし、今ここで事業を拡大するチャンスであるにもかかわらずその業務に充てる営業社員がいない場合は、通常は断念するしかありません。しかし、営業代行を使えばそういったケースでも一流の営業人材を充てることができる点が魅力なのです。

営業代行が利用される事例としては、IT業界でスポット的に営業が必要な場合に、期間限定で戦力となる人材を供給することで、スタッフの配置の手間をなくすメリットがあります。

Comments are closed.