公衆トイレに紙が設置されている!?ルールを守るからできること

トイレ詰まりの多発から始まった

公衆トイレには昔はトイレットペーパーがないところも多くあったのです。トイレの入り口に紙の自動販売機があり、それを購入してトイレに入ったものです。その紙は水洗トイレ用で、そのままトイレに流せるものだったのですが、その紙を購入しないで家から持ってきた水に流せない紙を使用したりする人もいて、それが原因で公衆トイレを詰まらせたりするケースも多発して、その修理のためにトレイの管理する人も大変だったようです。

設置すれば詰まらない

そのような経験から、最近ではトイレにトイレットペーパーを配置するところが多くなっています。公共の交通機関の駅のトイレであったり、人の往来が激しい場所においては、最近では設置されているのが当たり前のようになっています。そのために、当然トイレを使用する人もその設置されている紙を使用するために以前と比較するとトイレが詰まるトラブルは少なくなったようです。このような状況に至るまでには、トイレを管理する人の努力もあったのです。

トイレに紙が設置される過程において

公衆のトイレに紙を設置すると、どうしてもその使用量が異常なスペースでなくなったり、また紙自体も取られてなくなったりすることも発生したのです。それを紙を設置するかわりに節度ある使用をするように啓蒙したり、警備や清掃者を巡回させたりして、見回りをしたり補充をしたり、また時には汚れていたり清掃したりを、積極的に働きかけた結果、周知されてきたのです。諸外国の人から安全な国と言われることが多い日本ですが、それを形成しているのも、人がルールをちきんと守っているためです。

トイレ詰まりは毎日の排便の際に大量の紙を流すと生じる可能性があります。そのため、設備の破損を防ぐために少量ずつ流すように心がけます。

Comments are closed.